自分で行う

バッグのクリーニングについては、自分自身でも行うことが可能です。しかし、適切なクリームを使用しないと、色合いが悪くなったり異なる色になったりすることがあるため注意が必要となります。

自分自身でバッグのクリーニングを行う際には、通常の汚れを落とすことに特化した方が良いでしょう。何故なら、特別な汚れの付いているバックを自分自身でクリーニングするのは、方法によってはさらなる汚れやシミを作ってしまうことがあるからです。通常の範囲外で付着してしまった汚れは、専門店に依頼するかしっかり自分で調べてから行うようにしましょう。

バッグのクリーニングを個人で行う場合には、洗剤やクリームをクリーニングする箇所により使い分けることが必要です。特に、素材によってそのクリーニング剤が使用できないことがありますので、クリーニング前には十分調べてから行うようにしましょう。汚れを広げないためにも、まずは目立たないところで使ってみて問題なければ使用する方法が賢明です。

クリーニング方法は、バッグの中身を空にし、タオルに浸した洗剤液でバッグを拭いていきます。その際、緩めに絞ったものを使用しましょう。汚れを拭くときは、ぽんぽんと叩くようにシミを取るような要領で行います。汚れが取れたら自然乾燥をして完了です。

ブランドメーカーで

ブランドバックの場合には、そのブランドバックを販売している直営店やカスタマーサポート等の窓口にクリーニングを依頼することで対応してくれるところもあります。もちろん中には、そのようなサービスを行っていないお店もありますので注意が必要です。クリーニングを受け付けていないブランド店であっても、革磨きや修理を受け付けていたり、艶出しを行ってくれる所もありますので一度相談する価値はあります。

ブランドバックを取り扱っているブランドメーカーでは、そのブランドにより対応が異なるため、思い込みで依頼することのないように注意が必要です。高額なブランドバックの場合には、自分自身でクリーニングを行うことに躊躇する人もいるでしょう。そのため、購入したブランドショップでクリーニングに関する相談を行うこともあります。相談をすることで解決する場合もありますから、問い合わせをしてみましょう。

ブランドショップでクリーニングが行えなかったとしても、専門店や自分でクリーニングをすることができますので、もし対応していなかったらそちらで対応することでクリーニングをしっかり行えます。自分で行う際には、注意することがありますのでその点を頭に入れてクリーニングをしましょう。

専門店で行う

衣類全般を扱うクリーニング屋があるように、バッグに関してもクリーニングを専門的に行っている店舗があります。価格の安い手ごろなバッグであっても、傷のない状態で長く利用したいと考えるならば、バッグのクリーニング専門店を利用することで昔の輝きを取り戻すことができる可能性があります。

専門店によっては、デザイン性を重視して、革の種類やコンディションにより手作業でクリーニングを行ってくれる店舗もあります。中には、所有者のお客様と相談しながら作業を進めていくクリーニング店もあり、安心してバックのクリーニングを任す事ができます。バッグの材質によってクリーニング方法は変わってきますので、適切なクリーニングを行うことで、以前のように使用できる場合があります。

たくさんある専門店の中から探すのは容易ではありませんが、まずは信頼や実績のある店舗に依頼してみましょう。例えば、ビフォーアフターの写真が掲載されていると目でチェックできるのでわかりやすいことがあります。他には、適切なアドバイスをしてくれるかどうかです。

このように、購入したお店でなくてもクリーニングの専門店に出すことで汚れを取り除いてくれるので、専門店での依頼を考えている人はしっかりチェックしておきましょう。

参照ページ…https://www.kutsusenka.com/service/bag-cleaning/

バッグのクリーニング

バッグを長年利用していると愛着が出てくることもあるでしょう。しかし、中には傷んでしまって利用することができなくなるものもありますが、汚れやシミに関しては、クリーニングすることで昔の輝きを取り戻すことができる場合があります。

それは、購入した店舗に持っていくと行える方法と、クリーニング専門店で行う方法、所有者個人で行う方法があります。しかし、正しい方法でクリーニングを行わないと、所有者本人が行う場合には注意をする事柄があります。正しいクリーニング方法で行うことでバッグの輝きを取り戻すことにつながります。

バッグの材質によってはクリーニングが手軽に行える場合もありますが、状態によっては専門家にクリーニングの依頼をしないと、解決しないどころか余計に汚れが付いてしまうこともあります。そのためクリーニングの仕方を選択する必要があります。そして、お店によって価格も異なりますので、その点もしっかりチェックしておきましょう。だからと言って安い価格ばかり求めると、コストを抑えることでその安い価格を実現しているところもありますから仕上がりに差が出てくることもあります。そうなるとクリーニングに出した意味はありません。

昔の輝きを取り戻すためにバッグのクリーニングを考えている場合には、次のページから記載がある、どのような方法でクリーニングを行うと一番最適なのかについて確認しておきましょう。そうすることで、自分に合ったクリーニング方法が見つかることがあります。